毎日温泉で痩せる?ダイエットに効果的な入り方と消費カロリーを調査

編集長テツ

編集長テツ
食事制限は頑張れるけど、キツイ運動は続かない。

そんな運動が苦手なあなたに朗報です♪

 

今日からできる!温泉に通うだけダイエット

今日から近くの温泉に通ってみませんか?

  • 気持ちイイ
  • カロリー消費
  • 代謝UP

本日は、こんな調子のよいダイエット方法をご紹介したいと思います。

※利用するのは、【日帰り温泉、スーパー銭湯】など、最寄りの施設でOKです♪

ダイエットに適した温泉の入り方

温泉に入ってダイエットをするには、長時間入浴をする必要があります。

高温のお湯には長時間入ることが難しく、無理に長時間入浴をしていると体力を消耗してしまいます。

また、心臓が悪い方は心臓の負担になり危険です。

高血圧の方は血圧が上がる心配もあります。そのため、ダイエットには高温の温泉は向いていません。

長時間入浴できるのはぬるめのお湯です。38~40度くらいのぬるま湯がよいでしょう。

入浴方法には半身浴と全身浴があります。

半身浴はみぞおちの当たりまで浸かる方法です。

心臓への負担が少なく、比較的長時間入浴をすることができます。

しかし、肩が冷えてしまうことがあります。肩が冷える場合はタオルなどかけておくとよいでしょう。

全身浴は体をすぐに温めることができます。

しかし、心臓のあたりまでお湯に浸かるため体への負担が半身浴に比べて大きくなります。

入浴方法はどちらでも好きな方で構いません。体を温める必要があるので自分が温まりやすい方を選びましょう。

温泉に入る時間と消費カロリー

カロリーするものというと運動がまず思い浮かぶと思いますが、温泉に入ることでもカロリーが消費されます。

個人差はありますが、40℃のお湯に20分浸かって120kcalほど消費するといわれています。

これはウォーキングを40分ほどしたのと同じ量の消費カロリーです。

お湯の温度や入浴時間によって消費カロリーが変わり、42℃で20分だと220kcalほど消費するといわれます。

運動が嫌いな方でも、温泉に入るのなら楽チンにできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

毎日温泉に入る3つメリット

温泉に入ることでやせる理由は3つあります。

《1つめは発汗作用です。》

温泉に入ると体が温まり、体温を下げるために汗がでてきます。

汗がでることで体内にたまっていた余分な水分が排泄されてむくみがすっきりします。

水分太りの解消が期待できます。

また、汗と共に老廃物が排泄され、老廃物が排泄されることで代謝がよい体に近づきます。

《2つめは血行促進です。》

血行がよくなることで全身の隅々に酸素や栄養が行きわたり、代謝が活発になります。

《3めはリラックスすることです。》

ダイエットに失敗する理由の一つが食べすぎです。

イライラしているとつい食べてしまうと思います。温泉にはリラックス作用があります。

リラックスすることでイライラによる食べすぎの防止になります。

温泉で痩せる!4つの効果

温泉ダイエットに期待できる効果は4つです。

《1つめはむくみの解消です。》

長時間デスクワークをした後には、脚がパンパンにむくむことがありませんか。

これは下肢の血流が滞って、余分な水分がたまってしまったからです。

むくみを解消するには、余分な水分を排泄したり、血流をよくすることが効果的です。

温泉には発汗作用があり、余分な水分が排泄されます。

また、体が温まったり水圧の働きにより血流がよくなり、たまっていた水分の排泄がスムーズになります。

《2つめはリラックス効果です。》

温かいお湯に浸かるとほっとしませんか。

温泉は非日常で周りには自然があふれている場所が多いためリラックス作用が期待できます。

《3つめは美肌です。》

温泉に浸かることでダイエットだけでなく、美肌効果も期待できます。

代謝がよくなったりリラックスすることで、肌の新陳代謝が活発になり、美肌効果が期待できるのです。

《4つめは代謝アップです。》

入浴をして血流がよくなったり老廃物が排泄されると、代謝アップが期待できます。

長湯は禁物

40℃のお湯に20分浸かるだけで、ウォーキング40分相当のカロリーを消費するといわれています。

温泉はリラックスできるし、それでダイエットもできたらうれしいですね。

非常にお手軽で楽チンだからと言って、

連続して無理な長時間入ることは脱水症状につながり大変危険なので避けましょう。

毎日コツコツの積み重ねが大事です。

↓関連記事↓

サウナでダイエット!方法・効果や注意点 寒い時期になると、軽くジョギングをした程度では、満足いく発汗はできません。。 運動も...